逆の峰入り(読み)ギャクノミネイリ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎゃく【逆】 の 峰入(みねい)

当山派の行者が、吉野から大峰山を経て熊野に出る入山コース。本山派の順の峰入りに対する語。逆の峰。《季・秋》 〔俳諧・増山の井(1663)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる