コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通宝 ツウホウ

デジタル大辞泉の解説

つう‐ほう【通宝】

《世間に通用する宝の意》広く一般に流通する貨幣。貨幣の表面に「寛永通宝」のように鋳込んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

つうほう【通宝】

和歌山の日本酒。蔵元の「通宝酒造」は大正3年(1914)創業。所在地は海南市野上中。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

つうほう【通宝】

〔世間に通用する宝の意〕
昔、貨幣面に鋳つけた語。通貨。 「寛永-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通宝の関連キーワード香川県観音寺市有明町古銭・古泉皇朝十二銭永楽通宝海東通宝開元通宝琉球通宝開基勝宝文久永宝元の字銭気の毒銭元和通宝洪武銭五当銭十文銭精鉄銭百文銭寛永銭渡唐銭天保銭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通宝の関連情報