コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永楽通宝 エイラクツウホウ

4件 の用語解説(永楽通宝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいらく‐つうほう【永楽通宝】

永楽銭」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

永楽通宝【えいらくつうほう】

一般には永楽銭と呼ばれ,永,永銭とも略称。中国,明(みん)の永楽年間(1403年―1424年)に鋳造された銅一文銭であるが,室町時代より日本に多量に移入され,江戸初期まで一般通貨として広く流通。
→関連項目悪銭寛永通宝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいらくつうほう【永楽通宝 Yŏng lè tōng bǎo】

中国,明朝第3代の皇帝永楽帝の時代に作られた銅銭の名称。方孔をはさんで上下に永楽,右左に通宝,の字が刻まれている。永楽帝の父,洪武帝の鋳た洪武通宝には1,2,3,5,10文の5種類があり,建文帝も5種の建文通宝を作ったらしいが,永楽通宝は1文相当の銅銭1種のみである。永楽通宝の鋳造が開始された時期については諸文献の記載が異なるが,通説では1408年(永楽6),北京でまず鋳造され,11年,浙江,江西,広東,福建の4布政司の管轄下で大々的に鋳造され始めたとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の永楽通宝の言及

【寛永通宝】より

…寛永通宝には4文通用・1文通用の2種類があり,素材により銅銭・鉄銭・精鉄銭・シンチュウ(真鍮)銭があり,日常の小口取引に使用される庶民的な通貨であった。幕藩体制の確立期である寛文期(1661‐73)になると,寛永通宝の大量鋳造によって,貨幣流通の統一が銅銭流通の全国化により実現されることになり,中世末期から近世初頭にかけての課題であった永楽通宝の廃棄が実現した。これは慶長通宝・元和通宝の発行によっても実現できなかった課題であった。…

【明銭】より

…明ははじめ銅銭輸出は禁止したが,遣明船の進貢物に対し皇帝頒賜物とし,また貨物買上げの給価として制銭を与えた。足利義満の通好は成祖の世で,遣明船も頻繁で永楽通宝の輸入が多かった。なお大中,洪武各通宝は小平,折二,当三,当五,当十の五等銭が鋳造されたが,輸入銭は1文の小平銭である。…

※「永楽通宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永楽通宝の関連情報