コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通溝 つうこうT'onggu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通溝
つうこう
T'onggu

中国,東北部の鴨緑江中流域にある平野の名称。この付近は朝鮮の古代三国の一つ高句麗の根拠地で,長寿王 (在位 413~491) が長寿王 15 (427) 年平壌に移るまでの首都とされている輯安県城 (あるいは国内城,丸都城などと呼ぶ) の所在地であり,付近には有名な広開土王碑をはじめ高句麗の遺跡や古墳が多いので知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

通溝の関連キーワード古代高句麗王国の首都と古墳群輯安山城子山城将軍塚古墳朝鮮音楽舞踊塚丸都

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android