コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通用亭徳成 つうようてい とくなり

美術人名辞典の解説

通用亭徳成

通称善野善右衛門。醉竹側判者。安政2年(1855)88才の時『都賀の山松』を著す。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通用亭徳成 つうようてい-とくなり

1769-? 江戸時代中期-後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
明和6年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)の人。唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)の門下で酔竹側の判者。安政3年狂歌集「都賀のやままつ」を編集・刊行している。姓は善野。通称は釜屋喜右衛門。合巻に「敵鰹差身之業物(かたきにかつおさしみのわざもの)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

通用亭徳成の関連キーワード狂歌師戯作

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android