コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都賀 つが

3件 の用語解説(都賀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都賀
つが

栃木県南部,栃木市北部の旧町域。足尾山地東麓から下野平野西部に位置する。1955年赤津村,家中村の 2村が合体して都賀村となり,1963年町制。2010年栃木市,大平町,藤岡町の 1市 2町と合体して栃木市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つが【都賀】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都賀
つが

栃木県南部、下都賀郡にあった旧町名(都賀町(まち))。現在は栃木市の北部を占める地域。1955年(昭和30)赤津、家中(いえなか)の2村が合併して都賀村と改称。1963年町制施行。2010年(平成22)、大平(おおひら)町、藤岡(ふじおか)町とともに栃木市へ合併。東武鉄道日光線が通じ、国道293号が町の西部を南北に通じる。また、北関東自動車道が中央部を横断、東端に都賀インターチェンジが設置され、西端の栃木都賀ジャンクションで東北自動車道と接続している。思(おもい)川沿岸の低地が北から南へ開けている。合戦場(かっせんば)は江戸時代日光例幣使(れいへいし)街道の宿駅として栄えた。米、麦中心から畜産、イチゴ、野菜などの施設園芸を取り入れた農業に転換している。木(き)の八幡宮の例祭に奉納される杖術(じょうじゅつ)は県指定無形民俗文化財。[村上雅康]
『『都賀町史』(1989・都賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都賀の関連キーワード栃木県栃木市泉町栃木県栃木市出流町栃木県栃木市入舟町栃木県栃木市小平町栃木県栃木市大町栃木県栃木市星野町栃木県栃木市本町栃木県栃木市宮町栃木県栃木市室町栃木県栃木市倭町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都賀の関連情報