コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都賀 つが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都賀
つが

栃木県南部,栃木市北部の旧町域。足尾山地東麓から下野平野西部に位置する。1955年赤津村,家中村の 2村が合体して都賀村となり,1963年町制。2010年栃木市,大平町,藤岡町の 1市 2町と合体して栃木市となった。中心集落は家中。南東部の合戦場は江戸時代に日光例幣使街道宿場町であった。精密機械工業が立地するほか,周辺部でイチゴの栽培が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つが【都賀】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都賀
つが

栃木県南部、下都賀郡にあった旧町名(都賀町(まち))。現在は栃木市の北部を占める地域。1955年(昭和30)赤津、家中(いえなか)の2村が合併して都賀村と改称。1963年町制施行。2010年(平成22)、大平(おおひら)町、藤岡(ふじおか)町とともに栃木市へ合併。東武鉄道日光線が通じ、国道293号が町の西部を南北に通じる。また、北関東自動車道が中央部を横断、東端に都賀インターチェンジが設置され、西端の栃木都賀ジャンクションで東北自動車道と接続している。思(おもい)川沿岸の低地が北から南へ開けている。合戦場(かっせんば)は江戸時代日光例幣使(れいへいし)街道の宿駅として栄えた。米、麦中心から畜産、イチゴ、野菜などの施設園芸を取り入れた農業に転換している。木(き)の八幡宮の例祭に奉納される杖術(じょうじゅつ)は県指定無形民俗文化財。[村上雅康]
『『都賀町史』(1989・都賀町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

都賀の関連キーワード栃木県栃木市都賀町原宿円仁(794―864)都賀川増水事故かねたや家具店大和(島根県)石井伊左衛門都賀の座敷箒和漢混淆文新・栃木市通用亭徳成足尾〈町〉橘古那可智若葉[区]新井 章吾葛野羽衝刑部 人上田秋成都加使主戸田忠時藤原弟友

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都賀の関連情報