コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通関ベース貿易収支 ツウカンベースボウエキシュウシ

1件 の用語解説(通関ベース貿易収支の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つうかんベース‐ぼうえきしゅうし〔ツウクワン‐ボウエキシウシ〕【通関ベース貿易収支】

財務省が毎月発表する貿易統計をもとに算出される貿易収支。貨物が税関を通過した時点で輸出入額を集計し、輸出は運賃・保険料を含まないFOB価格、輸入は運賃・保険料を含むCIF価格で計上される。
[補説]通関ベースの貿易収支に対して、国際収支統計貿易収支は決済ベースまたは国際収支ベースと呼ばれる。また、昭和41年(1966)前後までは、日本銀行が当時発表していた「外国為替統計」をもとに為替ベースの貿易収支が発表されていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通関ベース貿易収支の関連キーワード経済統計通関統計貿易収支貿易統計パーム油基調判断コアコア指数コア指数就業率投資財出荷指数

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone