通関ベース貿易収支(読み)ツウカンベースボウエキシュウシ

デジタル大辞泉の解説

つうかんベース‐ぼうえきしゅうし〔ツウクワン‐ボウエキシウシ〕【通関ベース貿易収支】

財務省が毎月発表する貿易統計をもとに算出される貿易収支。貨物が税関を通過した時点で輸出入額を集計し、輸出は運賃保険料を含まないFOB価格、輸入は運賃・保険料を含むCIF価格で計上される。
[補説]通関ベースの貿易収支に対して、国際収支統計の貿易収支は決済ベースまたは国際収支ベースと呼ばれる。また、昭和41年(1966)前後までは、日本銀行が当時発表していた「外国為替統計」をもとに為替ベースの貿易収支が発表されていた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android