コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造成宅地防災区域 ゾウセイタクチボウサイクイキ

1件 の用語解説(造成宅地防災区域の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞうせいたくち‐ぼうさいくいき〔ザウセイタクチバウサイクヰキ〕【造成宅地防災区域】

宅地造成工事規制区域以外で、崖崩れや土砂の流出によって多数の人に被害が及ぶ災害が発生するおそれが大きい宅地造成地。都道府県知事等が宅地造成等規制法に基づいて指定するもので、土地所有者等に対して、擁壁等の設置を勧告・命令することができる。
[補説]平成16年(2004)の新潟県中越地震などで、盛土による造成地において地盤災害が多く生じたことから、平成18年(2006)の同法改正で新たに導入された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

造成宅地防災区域の関連情報