連体修飾語(読み)れんたいしゅうしょくご

精選版 日本国語大辞典「連体修飾語」の解説

れんたい‐しゅうしょくご ‥シウショクゴ【連体修飾語】

〘名〙 文の成分の一つ。体言を修飾する文節、または、連文節をいう。あとに続く体言の表わす内容について指示、限定、修飾する働きを持つ。連体修飾語になるものは、普通、体言に「の」を伴ったもの、用言または活用連語連体形連体詞などで、「の(花)・咲かない(花)・美しい(花)・あらゆる(花)・この(花)」の類。〔新文典別記(上級用)(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連体修飾語の言及

【修飾語】より

…言語によっては,修飾語が後行する場合もあるが,日本語では修飾語は常に被修飾語に先行する。日本語の修飾語のうち,体言を修飾するものを連体修飾語,体言以外(おもに用言)を修飾するものを連用修飾語とよぶ。 連体修飾関係において,〈黒き(瞳)〉〈悲しむ(人)〉などは〈瞳黒し〉〈人悲しむ〉という叙述を一つの観念に凝縮したもので,〈黒き〉〈悲しむ〉という修飾語は,被修飾語の性質状態を記述説明している。…

※「連体修飾語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android