コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合国宣言 れんごうこくせんげんUnited Nations Declaration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連合国宣言
れんごうこくせんげん
United Nations Declaration

1942年1月1日にワシントン D.C.で署名された対枢軸国戦争完遂の決意を表明した連合国 26ヵ国の共同宣言。前年末にワシントン D.C.でアメリカの F.ルーズベルト大統領,イギリスの W.チャーチル首相,ソ連の M. M.リトビノフ大使らが協議のうえ作成した。この宣言はその前文で,前年の大西洋憲章の目的と原則に賛意を表し,また敵国 (枢軸国側) に対する完全な勝利が人類の正義のために必要であることを述べたうえ,(1) 三国条約側 (枢軸国側) に対し,連合国各国の軍事的,経済的な全部の資源を使用すること,(2) 敵国と単独の休戦または講和を行わないことを誓約した。連合国宣言の署名国は 45年3月1日までに 46ヵ国に達し,この 46ヵ国がサンフランシスコにおける国際連合創設会議への当初招待国となった。なお,この宣言の表題で United Nations (連合国) という語が初めて使われ,のちにそれが国際連合 The United Nationsの名称として選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連合国宣言の関連キーワード原加盟国[国際連合]ドイツ講和問題国際連合憲章ケソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android