コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連尺/連索 レンジャク

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゃく【連尺/連索】

物を背負うのに用いる道具。肩に当たる部分を麻縄などで幅広く編んだ荷縄や、それを木の枠に取り付けた背負い子など。
1で物を背負って売り歩く商人。また、行商人。
両肩から脇にひもをかけて物を背負う負い方。
「姉を―に負ひ、水子を抱く」〈伎・幼稚子敵討〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

連尺/連索の関連キーワード背負いばしご連尺・連索女は門開き背負い子連雀商人連尺商いなりとも言付ける陣太鼓宙乗り茶壺連雀対対さす御手

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android