コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連尺/連索 レンジャク

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゃく【連尺/連索】

物を背負うのに用いる道具。肩に当たる部分を麻縄などで幅広く編んだ荷縄や、それを木の枠に取り付けた背負い子など。
1で物を背負って売り歩く商人。また、行商人。
両肩から脇にひもをかけて物を背負う負い方。
「姉を―に負ひ、水子を抱く」〈伎・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

連尺/連索の関連キーワード背負いばしご連尺・連索女は門開き背負い子言付ける連雀商人連尺商いなりとも宙乗り陣太鼓茶壺御手対対さす連雀

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android