連尺(読み)レンジャク

  • 連尺/連▽索

デジタル大辞泉の解説

物を背負うのに用いる道具。肩に当たる部分を麻縄などで幅広く編んだ荷縄や、それを木の枠に取り付けた背負い子など。
1で物を背負って売り歩く商人。また、行商人。
両肩から脇にひもをかけて物を背負う負い方。
「姉を―に負ひ、水子を抱く」〈伎・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android