コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連尺/連索(読み)レンジャク

デジタル大辞泉の解説

れん‐じゃく【連尺/連索】

物を背負うのに用いる道具。肩に当たる部分を麻縄などで幅広く編んだ荷縄や、それを木の枠に取り付けた背負い子など。
1で物を背負って売り歩く商人。また、行商人。
両肩から脇にひもをかけて物を背負う負い方。
「姉を―に負ひ、水子を抱く」〈伎・幼稚子敵討〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android