コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水子/稚子 ミズコ

3件 の用語解説(水子/稚子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みず‐こ〔みづ‐〕【水子/稚子】

《「みずご」とも》
生まれてあまり日のたたない子。あかご。
「―の顔を見入っていた」〈秋声・足迹〉
胎児。特に、流産または堕胎した胎児。「―供養」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みずこ【水子】

仏教の戒名の一つで水子(すいじ)といい,月が満たないで死産した,未熟児や死産児をさす。水子を〈みずこ〉と読む例は古記録の中にはみあたらず,民間語彙の中に少しあるだけである。近年,妊娠中絶した胎児に対して,供養するという考えがでてきて〈みずこ〉が一般化したものである。現代では,水子地蔵水子観音を新設する寺が増え,水子のたたりがうんぬんされるようになった。民間の風習では,7歳以下の子どもは,人間の子と考えず,まだ神の子であるという考え方があり,死んでも仏にはならないため,葬式や埋葬も一般の人とは別にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水子
みずこ

生まれてあまり日のたたない赤子。嬰児(えいじ)とかウブコという。一般に水子という場合には、生後まもなくして死んだ子をいう場合が多い。神奈川県では、水子が死んだときは一人前の葬式をすると、あの世でいじめられるといって、家族だけで埋葬し、生後すぐに死んだときは人形を添えて埋めてやる。同県相模原(さがみはら)市緑(みどり)区佐野川(さのがわ)の上岩(かみいわ)地区では、赤ん坊は無縁仏だといって、埋めた上に竹を刺し目ざるをかけた。水子の場合は手に墨をつけてやると生まれかわってくる。もし字をつけた子が生まれたときは、その墓の土でこすらねば落ちない。だから手に字を書くものではないという。長崎県壱岐(いき)の島では、生後その年のうちに死んだものを水子という。水子は本葬式をせず、したがって仏の数に入れない。入れるとかえってよくない。こうしておけば、やがて生まれかわってくるものだと考えられている。
 また水子の魂は、地蔵の世話になるといわれ、寺院に水子地蔵が祀(まつ)られ、水子供養が行われる。[大藤ゆき]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水子/稚子の関連キーワード信士信女赤い信女院殿孩児戒力十の戒め水子地蔵花の里いいじま信士・信女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone