コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連音符 れんおんぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連音符
れんおんぷ

音楽用語。ある長さの音符を通常の分割以外に,等分に分割したもの。4分音符を3等分した3連符など。ほかに5,7連符などもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れん‐おんぷ【連音符】

ある音符の音価を、本来の分割法によらずに等分割した一連の音符。二等分すべきところを三等分した三連音符など。連符。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんおんぷ【連音符】

単位となる音符の音の長さを、本来とは異なる変則的な方法で等分割して得られる一組の音符をいう。二拍分を3等分した三連音符をはじめとし、四連音符・五連音符などさまざまな種類がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連音符
れんおんぷ

西洋音楽の五線記譜法で、ある音符の音価を分割するのに特殊な方法をとった一連の音符。略して連符ともいう。五線記譜法の音価分割は、四分音符などの単純音符は2分割、付点四分音符などの付点音符では3分割を基本とするが、連音符はそういった通常の分割法以外に、ある音価をより細かい音価に等分する際に用いられる。分割数によって、3連音符、4連音符、5連音符とよばれ、その種類は限りがない。もっとも頻繁に用いられるのは3連音符(英語では3連符triplet)であるが、ベートーベンピアノ曲『エロイカ変奏曲』(作品35)では、19連音符さえみられる。その記譜はに示したとおり、分割する音符より小さい音価の音符を分割する数だけ並べて結び、符頭の側に弧線または鉤(かぎ)線をつけてその数を添える方法がとられる。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の連音符の言及

【音符】より

…なお,ある音が小節線をまたいで延長されるときは,付点を用いずタイで結ぶのが現在の書法である(図d)。
[連音符]
 ある音符が,その曲の拍子に固有の分割以外の方法で等分割されるとき,その一連の音符を連音符という。たとえば2/4拍子の場合,本来二つの8分音符に分割されるべき4分音符を3等分したとき,これを3連音符という(図e)。…

※「連音符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

連音符の関連情報