コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進行性球麻痺 しんこうせいきゅうまひprogressive bulbar palsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進行性球麻痺
しんこうせいきゅうまひ
progressive bulbar palsy

進行性に延髄 (球) 麻痺の起る疾患で,原因は不明。舌唇喉頭麻痺とも呼ばれる。舌,唇,口蓋,咽頭,喉頭,咬筋などに進行性麻痺と萎縮によって言語,嚥下,咀しゃくなどに障害が起る。 35歳以上の男性に多いが,家族的に発生する場合は幼年期に発病する。全経過は2~5年,予後は不良で,根本的な治療法はなく,対症療法を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

進行性球麻痺の関連キーワード運動ニューロン疾患

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android