コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸年号 イツネンゴウ

デジタル大辞泉の解説

いつ‐ねんごう〔‐ネンガウ〕【逸年号】

本来は実在した公年号で、正史に逸せられた年号。「白鳳」「朱雀」など。異年号

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつねんごう【逸年号】

大宝令による公年号制の確立以前に用いられた年号のうち正史に逸せられたもの。法興・白鳳・朱雀など。異年号。 → 私年号

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逸年号
いつねんごう

実在した公年号であるが正史にみえないもの。金石文、年代記、社寺縁起などに記されている。法興(ほうこう)、白鳳(はくほう)、朱鳥(しゅちょう)の類。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

逸年号の関連キーワード大宝令私年号本来朱鳥元号

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android