コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見又一 へんみ またいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見又一 へんみ-またいち

1825-1875 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政8年8月1日生まれ。越中(富山県)高岡の町役人頼三樹三郎(らい-みきさぶろう)らと交流。京都で加賀金沢藩の小川幸三とまじわり,元治(げんじ)元年の禁門の変に際し連座して投獄される。維新後七尾県史生(ししょう)となった。明治8年8月31日死去。51歳。名は在綱。字(あざな)は有秋。号は舫斎,方舟。通称は別に文九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

逸見又一の関連キーワード産業革命史(年表)フランス共和国憲法ホイットニーチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)アレクサンドルボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]