コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅蒔き オソマキ

デジタル大辞泉の解説

おそ‐まき【遅×蒔き】

時期を遅らせて種をまくこと。また、その品種。「遅蒔きの麦」
(多く「おそまきながら」「おそまきでも」の形で)時機に遅れて物事をすること。「遅蒔きながら調査に乗り出す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おそまき【遅蒔き】

時期に遅れて種をまくこと。また、その品種。 ↔ 早蒔き
時期に遅れて、事をなすこと。 「 -ながら、政府も事態の収拾に乗り出した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遅蒔きの関連キーワード早蒔き収拾

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android