コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊手 ユウシュ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐しゅ〔イウ‐〕【遊手】

[名](スル)手を遊ばせて使わないこと。転じて、職に就かず遊び暮らすこと。また、その人。
「日本の士人等―して」〈新聞雑誌一四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうしゅ【遊手】

( 名 ) スル
何もしないで遊び暮らすこと。また、その人。 「 -徒食」 「日本の士人等-して他人の辛苦経営せるものを消耗すること/新聞雑誌 14

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遊手の関連キーワード遊民・游民小宅処斎徒食遊食

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊手の関連情報