遊観(読み)ユウカン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐かん〔イウクワン〕【遊観】

[名](スル)歩き回って見物すること。遊覧。
「館前の海湾を―す」〈柳北・航西日乗〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうかん【遊観】

スル
遊び歩いて見物すること。遊覧。 昨日は舞場おどりば今日は劇場しばい日として-せざるはなし/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android