運否天賦(読み)うんぷてんぷ

四字熟語を知る辞典「運否天賦」の解説

運否天賦

好運に恵まれるか、悲運に泣くかは、天のしからしめるところであるということ。運を天に任せること。

[使用例] それが図にあたって、それだけの事であんな一代分限になり上ったのだ。人ってものは運否天賦で何が……[有島武郎星座|1922]

[使用例] それでつまり、僕は、こりゃ麻雀クラブを始めれば繁昌疑いなしと思ったんです。何しろ将棋と違ってむずかしくもなく、その上運天賦ですからね[尾崎一雄*芳兵衛物語|1949~50]

[解説] 「運否」は、好運と悲運のこと。「うんぷ」は「じっ」などとともに中世における読み方。「天賦」は「天から分け与えられたもの」という意味で、「うんぷ」の音に応じた表現。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「運否天賦」の解説

うんぷ‐てんぷ【運否天賦】

〘名〙 運のよしあしは、天のしからしめるところであるということ。運を天に任せること。
※歌舞伎・傾城天の羽衣(1753)二「そこがうんぷてんぷ此のつなが互ひの御縁結び」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「運否天賦」の解説

うんぷ‐てんぷ【運否天賦】

運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android