コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運輸統計 うんゆとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

うんゆとうけい【運輸統計】

運輸に関する統計。旅客または貨物の輸送結果を表す輸送統計のほか,施設統計,事故統計などを含む。輸送統計は,輸送機関別に鉄道統計,自動車統計,海運統計,航空統計などに分類されるが,広義には,倉庫,通運,港湾等に関する統計を包含する。輸送統計に用いられる単位としては,輸送量として〈輸送人員〉〈輸送トン数〉のほか,〈輸送人キロ〉〈輸送トンキロ〉がある。〈輸送人員〉は輸送機関を利用した〈延旅客人員〉であり,〈輸送人キロ〉は,旅客1人を1km輸送したとき,これを1人キロと定義した単位である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運輸統計
うんゆとうけい

陸運、海運、航空輸送という運輸活動および輸送手段に関する各種の統計を中心に、これらの活動に重要な関係をもつ港湾、道路、倉庫などの関連施設の現況、生産、建設に関する諸統計および運輸事業の経営に関する統計をも含む運輸関連統計に対する総称である。さらに、観光統計や交通事故統計なども運輸関連統計として、この範疇(はんちゅう)内のものとして考えられている。
 まず、陸運に関する統計は、鉄道運輸統計と自動車運輸統計とに分けられる。前者については、従来、日本国有鉄道によって、貨客の輸送キロ、輸送数量、営業収支などの国鉄営業状況の全般にわたる統計が『鉄道統計年鑑』として公表され、私鉄に関しては同様の内容が運輸省(現国土交通省)から『私鉄統計年鑑』として公表されてきた。その後、1982年(昭和57)の「鉄道事業法」の施行および87年に行われた国鉄の分割・民営化に伴い、「鉄道輸送統計」が運輸省運輸政策局(現国土交通省総合政策局)において実施されるようになり、以前とほぼ同内容の調査が行われている。この調査は、鉄道事業者、軌道(路面電車等)事業などの輸送実態を、毎月、早期に把握することにより、国の交通計画の策定、事業者に対する指導・監督などの運輸行政の実施のための基礎資料を得ることが目的とされている。調査結果は、『鉄道輸送統計月報』および『同年報』として公表されている。調査結果のおもな内容については、国土交通省総合政策局から刊行されている『運輸統計要覧』で知ることができる。
 自動車運輸に関する代表的な統計は、「自動車輸送統計」(指定統計第99号)によって調査されるものであり、輸送距離、輸送貨物重量など自動車輸送の状況を把握するものである。その結果は、国土交通省情報管理部から『自動車輸送統計月報』『同年報』として公表されている。また簡便な統計集として『陸運統計要覧』がある。
 海運に関する統計としては、内航海運についての統計が「内航船舶輸送統計」(指定統計第103号)によって把握されており、その結果は『内航船舶輸送統計月報』『同年報』として公表されている。外航海運については、「海上輸送法」に基づいた調査結果が、『海上輸送の現況』として国土交通省海事局から公表されている。
 航空輸送については、国内および国際の航空輸送(定期、不定期)の全体に関して、「航空輸送統計」において、旅客数、利用率、貨物輸送量、運行時間などについての調査が行われており、その結果は、『航空輸送統計速報』『同年報』として国土交通省情報管理部から公表されている。
 その他の運輸関連統計のなかでは、港湾の実態(入港船舶、海上出入貨物、船舶乗降人員、上屋・倉庫など)に関する調査が「港湾調査」(指定統計第6号)として古くより(1905年の内務省調査が発端)行われており、その結果は「港湾統計」として、『港湾統計月報』『同年報』に公表されている。また、外国人観光客を対象としたホテル、旅館の利用状況が「国際観光統計」(指定統計第42号)として行われ、その結果は、『外客統計月報』『同年報』として公表されてきたが、この調査は、1982年12月を最後に、現在は中止されている。[高島 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

運輸統計の関連キーワード呉文聡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android