遍照坊智専(読み)へんしょうぼう ちせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遍照坊智専 へんしょうぼう-ちせん

?-1770 江戸時代中期の僧。
佐渡(新潟県)雑太郡(さわたぐん)長谷村の長谷寺住職。明和4年天候不順による不作で,佐渡奉行所救済をうったえることを村民と相談。それが奉行所に知られて捕らえられ,明和7年3月21日死罪となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

遍照坊智専

没年:明和7.3.21(1770.4.16)
生年:生年不詳
江戸中期の義民。幕領,佐渡国雑太郡長谷村(新潟県畑野町)の遍照坊住職。明和4(1767)年天候不順による不作を契機に,宝暦3(1753)年来特設された代官所による厳しい年貢徴収に対する反発から,智専を中心に佐渡奉行所への強訴の相談が呼びかけられたが,奉行所の知るところとなって首謀者が捕らえられ,智専のみ死罪に処せられた。智専への追慕と供養は佐渡全島にわたっており,智専は佐渡義民の中でも特別の存在であったようである。<参考文献>伊藤治一『佐渡義民伝』,『編年 百姓一揆史料集成』5巻

(大橋幸泰)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android