コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過剰診療 カジョウシンリョウ

デジタル大辞泉の解説

かじょう‐しんりょう〔クワジヨウシンレウ〕【過剰診療】

医学的な必要性がない診療治療

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過剰診療
かじょうしんりょう

医学的に必要性や合理性が認められない診療。不必要なX線検査や過剰投薬など、合理性を欠いた治療、不必要な高頻度の訪問診療などが含まれ、社会問題ともなっている。ただし、過去に症状改善が認められた治療実績に基づいて医師が診療を行い、結果として治療効果がみられなかった場合などはこれに該当しない。
 抗生物質などが過剰に投与された結果、薬剤耐性を生み出して薬が効かなくなるケース、精神科で依存性の高い抗うつ薬や睡眠薬の過剰投薬が続けられたり、認知症患者に向精神薬が恒常的に過剰に投薬されたことが自殺の誘因となるケース、無用な手術によって特定部位の摘出を受けたために、ホルモン薬の日常的服用が不可欠となるケースなど、過剰診療による健康被害にはさまざまなものがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

過剰診療の関連キーワード患者紹介ビジネス医療費通知指導医療官HMO

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過剰診療の関連情報