コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過眠症 カミンショウ

知恵蔵miniの解説

過眠症

十分睡眠をとっているにもかかわらず長期間にわたり耐え難い眠気に襲われる病気の総称。「睡眠時無呼吸症候群」「ムズムズ脚症候群」など睡眠中の身体症状のために眠りが浅くなり起こるものと、「ナルコレプシー」「概日リズム睡眠」「反復性過眠症」など睡眠を調節する脳の機能がうまく働かないために起こるものとに大きく分けられる。特にナルコレプシーは患者数が日本は世界一多いといわれ(600人に1人程度)、日中の耐え難い突発的な眠気を引き起こす。過眠症患者は、日常生活をおくることが非常に困難になることがあり、また運転中の突然の睡眠により大きな事故を起こすこともある。睡眠障害医院や精神科などにおいて治療が行われる。

(2016-3-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過眠症
かみんしょう

ナルコレプシー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過眠症
かみんしょう
hypersomnia

睡眠障害の一つ。覚醒(かくせい)を保つべき時と場所で覚醒が維持できない、睡眠期の睡眠状態が過剰に深い、あるいは睡眠状態の持続時間が過度に長いなど、覚醒に比して睡眠の割合が極端に大きい病態である。睡眠過剰症ともよばれる。病因は脳障害や慢性睡眠不足、心因性など多岐にわたる。原疾患には、日中、耐えがたい眠気が持続するナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群のほか、意識障害を伴う周期性傾眠症(反復性過眠症、クライネ‐レビン症候群)、うつ病、筋の不随意運動も伴うミオクローヌス、脚を動かさずにいられないむずむず脚症候群、原因不明の痛みも伴う線維筋痛症などがある。また抗うつ薬などの副作用、薬物使用、アルコールなども原因となる。肥満体型の人も過眠症になりやすい。傾眠状態の持続により注意が散漫し、応答や行動も緩慢となって社会生活上の困難や支障をきたす場合が多く、この点を重視した支援も考慮する必要がある。治療は原疾患の治療が優先されるが、原因が不明である場合は、症状に応じて中枢神経刺激薬や抗うつ薬などの薬物による対症療法が中心となる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

過眠症の関連キーワード過眠症/ナルコレプシー睡眠覚醒障害抗うつ薬