コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道下俊一 みちした としかず

1件 の用語解説(道下俊一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道下俊一 みちした-としかず

1926- 昭和後期-平成時代の医師。
大正15年7月29日樺太(からふと)(サハリン)生まれ。昭和28年母校の北大から十勝沖地震津波で被害をうけた北海道浜中町霧多布(きりたっぷ)に派遣され,釧路日赤病院浜中分院長となる。町立浜中診療所に改編後も所長として40年余も僻地(へきち)医療に従事。また少年に剣道を指導,郷土芸能「きりたっぷ浜太鼓」を育成するなど,住民の教育・文化面にもつくす。平成7年吉川英治文化賞。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道下俊一の関連キーワード東義国川島みどり酒井シヅ竹熊宜孝田中多聞徳永進中村美治西野入尚一羽田春兔原中勝征

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone