コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道下俊一 みちした としかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道下俊一 みちした-としかず

1926- 昭和後期-平成時代の医師。
大正15年7月29日樺太(からふと)(サハリン)生まれ。昭和28年母校の北大から十勝沖地震津波で被害をうけた北海道浜中町霧多布(きりたっぷ)に派遣され,釧路日赤病院浜中分院長となる。町立浜中診療所に改編後も所長として40年余も僻地(へきち)医療に従事。また少年に剣道を指導,郷土芸能「きりたっぷ浜太鼓」を育成するなど,住民の教育・文化面にもつくす。平成7年吉川英治文化賞。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道下俊一の関連キーワード大正天皇昭和ビシケクイギリス映画小作争議文芸時代アパート猪熊弦一郎円本大河内伝次郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道下俊一の関連情報