道増(読み)どうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道増 どうぞう

1508-1571 戦国時代の僧。
永正(えいしょう)5年生まれ。近衛尚通(このえ-ひさみち)の子。天台宗。聖護院(しょうごいん)門跡(もんぜき)。園城寺(おんじょうじ)長吏,熊野三山検校(けんぎょう)などをつとめる。室町幕府13代将軍足利義輝(よしてる)の依頼をうけ,永禄(えいろく)4年毛利元就(もとなり)と尼子義久との,6年元就と大友宗麟(そうりん)との紛争の調停にあたった。准三宮(じゅさんぐう)。大僧正。元亀(げんき)2年3月1日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

道増 (どうぞう)

生年月日:1508年4月4日
戦国時代の僧
1571年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android