コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道家清十郎 どうけ せいじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道家清十郎 どうけ-せいじゅうろう

?-1570 戦国時代の武将。
道家六郎左衛門の子。織田信長の家臣。武田軍との戦いに功をたて,信長から「天下一の勇士なり」の直筆の旗印をあたえられた。元亀(げんき)元年9月19日近江(おうみ)(滋賀県)坂本での朝倉・浅井連合軍との戦いで討ち死に。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道家清十郎の関連キーワード石山戦争元亀安土桃山時代(年表)利府城イロコイ連盟坂井政尚トルレス森可成アムマナーティカブラル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone