直筆(読み)ジキヒツ

デジタル大辞泉の解説

じき‐ひつ〔ヂキ‐〕【直筆】

本人自身が直接に筆を取って書くこと。また、その書いたもの。直書自筆。「将軍直筆の書状」「有名歌人の直筆の色紙」

ちょく‐ひつ【直筆】

[名](スル)
事実を偽らずにありのままに書くこと。「目撃したままを直筆する」⇔曲筆
書画で、筆をまっすぐに立てて書くこと。「懸腕直筆」⇔側筆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じきひつ【直筆】

直接自分で書くこと。また、書いたもの。

ちょくひつ【直筆】

事実を曲げずありのままに書きしるすこと。 ⇔ 曲筆
書画を書くとき、筆をまっすぐに立てて書くこと。 ⇔ 側筆 「懸腕-」 〔「じきひつ」と読むと別語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直筆
ちょくひつ

東洋の書画における用筆法の一種。筆をまっすぐに立てて筆の先で書くこと。水墨画や大字を書く際にのびのびと自由に筆を運ぶためには、(けんわん)直筆といって、腕をあげ、肘(ひじ)をわきにつけないで書く方法がとられる。一方、肥痩(ひそう)や抑揚のない謹直な線や、絵画における毛描きなどの微細な線を慎重に引くときにも用いられる。筆をねかせて、穂の腹を用いて書く側筆(そくひつ)に対する語。[小林 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直筆の関連情報