道家六郎左衛門(読み)どうけ ろくろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道家六郎左衛門 どうけ-ろくろうざえもん

?-1556 戦国時代の武将。
道家清十郎の父。美濃(みの)(岐阜県)の斎藤道三家臣弘治(こうじ)元年道三の子の義竜は家督争いから父と義絶,みずから剃髪し家臣にも命じたが,六郎左衛門は父子いずれにつくかきめられぬとして頭半分だけそって出仕した。これが「道化」という言葉のはじまりだという。弘治2年2月死去。姓は道化とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android