道瑜(読み)どうゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道瑜 どうゆ

1422-? 室町時代の僧。
応永29年生まれ。紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)の極楽院政秀,智積院長盛に新義真言の教学をまなぶ。学識がふかく,十輪院の住持となる。学頭にえらばれ,妙音院の頼誉(らいよ)とともに両能化(のうけ)とよばれた。明応2年(1493),72歳以降の消息は不明。字(あざな)は玄音。通称は十輪院能化。著作に「大疏尋求鈔(だいしょじんぐしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android