コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道行き ミチユキ

デジタル大辞泉の解説

みち‐ゆき【道行き】

道を行くこと。また、旅をすること。
舞楽で、舞人が楽屋を出て舞台上の所定の位置に着くまでの間。また、その間に奏する音楽。みちき。
謡曲で、旅行の経過を内容とする平ノリの謡。ふつう上げ歌の形式をとる。1曲の最初のほうで、ワキの登場に用いることが多い。
文体の一種。ある目的地にいく道中の光景や旅情などを、掛け詞縁語などを用いて述べる韻文体の文章。軍記物語謡曲浄瑠璃などにみられる。道行き文。
浄瑠璃歌舞伎で、主として男女が連れ立って旅行などをする場面。また、その所作。駆け落ちや心中などの場合が多い。
目的または終局に達するまでの事の経過。そこに至るまでの事情。いきさつ。
「不可思議な現象に逢って其現象が学問上から考えて相当の説明がつくと云う―が」〈漱石・趣味の遺伝〉
もと道中着に使われた、額縁状の小襟のついた襟明きの四角い和服用コート。現在では女物の、袷(あわせ)の半コート、防水した単(ひとえ)の長コートが最も一般的。道行きコート。道行きぶり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みちゆき【道行き】

道を行くこと。旅行すること。
旅の途中の光景を描写する詞章。修辞技巧を駆使した韻文。軍記物・歌謡・謡曲・浄瑠璃、また講談・浪曲などの芸能にもみられる。道行き文。
能と狂言の構成単位。能の場合は、叙景の謡を伴い、ワキが目的の地に到着するまでの道程を表現する部分。狂言の場合は、会話や独白を伴い、舞台を歩きながら目的地に向かうことを示す部分。
浄瑠璃・歌舞伎で、道中を描く舞踊。多く心中・駆け落ちが扱われる。
和装用コートの一。襟を四角にくり、小襟を額縁に仕立てたもの。道行きコート。道行きぶり。
物事のいきさつ。そこに至るまでの経過。 「道純と抽斎とが同人であることを知つたと云ふ-を語つた/渋江抽斎 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道行きの関連キーワードスタバト・マーテル・ドロローサグラシアン・イ・モラレス道行き触り・道行き振り鶴沢 道八(2代目)立て襟・立襟・竪襟鳥辺山・鳥部山ボナベントゥラギリシア哲学十字架の道行浦里・時次郎道行き触り春風馬堤曲吾妻コート博多小女郎銭屋善兵衛ニューマンソクラテスふたがしらカラハン蔵原惟人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道行きの関連情報