コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道観長者 どうかんちょうじゃ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道観長者 どうかんちょうじゃ

伝説の長者。
伊賀(いが)(三重県)名張(なばり)盆地の南部の村を領し,富裕で知られたが,冷酷で村人からきらわれていた。妻子が病気になり,没落したことから山中にうつりすみ,やがて前非をくいて改心する。死にのぞんで東大寺お水取りに松明(たいまつ)を寄進することを遺言。この松明寄進は名張市赤目町一ノ井地区の民俗行事として,今日ものこっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道観長者の関連情報