コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達磨返し ダルマガエシ

デジタル大辞泉の解説

だるま‐がえし〔‐がへし〕【達磨返し】

女性の髪形の一。髪の先をひねって鬢(びん)の裏側に入れ簪(かんざし)で止めたもの。江戸末期から明治にかけ、下町の伝法肌(でんぽうはだ)の年増が多く結った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だるまがえし【達磨返し】

江戸末期・明治時代の女性の髪形の一。髪をひねって頭上にあげ、髱たぼの中に押し込み簪かんざしでとめたもの。伝法な年増が多く結った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

達磨返しの関連キーワード明治時代頭上

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android