コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠丸立 とおまる りゅう

1件 の用語解説(遠丸立の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠丸立 とおまる-りゅう

1926-2009 昭和後期-平成時代の詩人,文芸評論家。
大正15年9月6日生まれ。「近代文学」,主宰誌「方向感覚」などに埴谷雄高(はにや-ゆたか),ドストエフスキーなどについての論考を発表。詩集に「遠丸立詩集」「兆―ちょう または きざし」,評論に「吉本隆明論」「死者もまた夢をみる」「永遠と不老不死」など。平成21年12月30日死去。83歳。福岡県出身。東大卒。本名は進隆(すすむ-たかし)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠丸立の関連キーワード自動車事故背泳吹雪バタフライ山田朱莉学校法人染料工業登録記念物CitrusKissEXILETETSUYA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone