コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山友禄 とおやま ともよし

1件 の用語解説(遠山友禄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山友禄 とおやま-ともよし

1819-1894 江戸時代後期の大名。
文政2年9月2日生まれ。遠山友寿(ともひさ)の3男。天保(てんぽう)10年美濃(みの)(岐阜県)苗木藩主遠山家12代となる。奏者番,若年寄をつとめた。維新時には新政府の方針にしたがって廃仏毀釈(きしゃく)を徹底させた。明治27年4月4日死去。76歳。初名は友祥(ともあき)。号は混々斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠山友禄の関連キーワード日清戦争ルーマニア文学リーケの原理日清戦争ロシア映画おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone