コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠山友禄 とおやま ともよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山友禄 とおやま-ともよし

1819-1894 江戸時代後期の大名。
文政2年9月2日生まれ。遠山友寿(ともひさ)の3男。天保(てんぽう)10年美濃(みの)(岐阜県)苗木藩主遠山家12代となる。奏者番,若年寄をつとめた。維新時には新政府の方針にしたがって廃仏毀釈(きしゃく)を徹底させた。明治27年4月4日死去。76歳。初名は友祥(ともあき)。号は混々斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠山友禄の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門橋本宗吉日清戦争ルーマニア文学リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android