遠山荷塘(読み)とおやま かとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠山荷塘 とおやま-かとう

1795-1831 江戸時代後期の僧。
寛政7年生まれ。陸奥(むつ)石巻(いしのまき)(宮城県)の人。豊後(ぶんご)(大分県)で広瀬淡窓に入門。長崎で唐話(中国語)と清(しん)(中国)の民間音楽をおさめる。のち江戸にすみ,朝川善庵らに「西廂(せいしょう)記」などを講義した。天保(てんぽう)2年7月1日死去。37歳。法名は松陀,円陀。字(あざな)は一圭別号に一噱道人。著作に「訳解笑林広記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android