コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠心圧縮機(読み)えんしんあっしゅくき(英語表記)centrifugal compressor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠心圧縮機
えんしんあっしゅくき
centrifugal compressor

ケーシングの中で羽根車を回転させて,気体遠心力を利用して気体を圧送する機械で,吐出し圧力が 0.1MPa (1 kg/cm2 ) 以上のものをいう。ターボ形とラジアル形があり,後向き羽根をもつ多段ターボ圧縮機が大部分を占める。径向き羽根をもつオープン形ラジアル圧縮機では単段で圧力比 (吐出し圧力/吸込み圧力) が5~7に達するものもあり,自動車に用いられているターボチャージャはこの形式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんしん‐あっしゅくき〔ヱンシン‐〕【遠心圧縮機】

空気・ガスなどの気体を、遠心力を利用して圧縮する機械。高速度で回転する羽根車を通過させて、回転軸と直角の方向へ圧送する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんしんあっしゅくき【遠心圧縮機】

遠心力を利用したガス(空気)圧縮機。ターボ圧縮機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遠心圧縮機の言及

【圧縮機】より

… それほど圧力の高くない気体を送風することはすでに古くから冶金などに利用されてきたが,18世紀になって蒸気,水力を動力源とした往復送風機が出現した。20世紀初頭にはイギリスのC.A.パーソンズの軸流圧縮機や,フランスのC.E.A.ラトーの発案に基づく蒸気タービン駆動の遠心圧縮機などターボ型圧縮機が製作されるようになって高圧の気体が得られるようになり,その後,製鉄,鉱山,化学工業などにおいて圧縮機の需要が増え,その構造,機能および性能などが飛躍的に改善されてきた。とくに軸流圧縮機は第2次世界大戦後,航空用ジェットエンジンとともに本格的進歩を遂げ,遠心圧縮機と並んで産業用としても多用されている。…

※「遠心圧縮機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android