コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠見検見 トオミケミ

2件 の用語解説(遠見検見の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とおみ‐けみ〔とほみ‐〕【遠見検見】

江戸時代の検見の一。検見に多くの日数や費用がかかるような場合に、一部の検見や内見(ないみ)などにもとづいて年貢の額を決めること。とおけみ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とおみけみ【遠見検見】

江戸時代の検見法の一。地理的にあるいは財政的に検見の遂行が困難な場合に用いられた一便法。検見を実施せず前年までの実績および村役人が前もって作成した内見帳を基準として年貢高を決定するもの。とおみけんみ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone