コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遣欧使節船 けんおうしせつせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遣欧使節船
けんおうしせつせん

慶長 18 (1613) 年,伊達政宗が支倉六左衛門と L.ソテロとを使節としてスペイン,ローマに派遣するために自領内で建造した西洋型帆船。大きさは,長さ 35.5m,幅 10.9m,約 500tで,建造には在日中のスペインの S.ビスカイノらが参加して,ごく短期間で完成した。最初の航海では石巻の月浦を出帆し,約3ヵ月でメキシコのアカプルコに到着した。こののち太平洋を1往復し,最後の航海は帰国する支倉ら使節一行を乗せて,元和4 (18) 年,マニラに到着したが,そのままスペイン側に買取られたので,以後の消息は不明である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

遣欧使節船の関連キーワード雄勝(宮城県)石巻(市)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android