遣欧使節船(読み)けんおうしせつせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遣欧使節船
けんおうしせつせん

慶長 18 (1613) 年,伊達政宗が支倉六左衛門と L.ソテロとを使節としてスペイン,ローマに派遣するために自領内で建造した西洋型帆船。大きさは,長さ 35.5m,幅 10.9m,約 500tで,建造には在日中のスペインの S.ビスカイノらが参加して,ごく短期間で完成した。最初の航海では石巻の月浦を出帆し,約3ヵ月でメキシコのアカプルコに到着した。こののち太平洋を1往復し,最後の航海は帰国する支倉ら使節一行を乗せて,元和4 (18) 年,マニラに到着したが,そのままスペイン側に買取られたので,以後の消息は不明である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android