コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適応酵素 てきおうこうそadaptive enzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

適応酵素
てきおうこうそ
adaptive enzyme

ある生物が平常は利用しない物質に作用する酵素系で,その物質が存在するときに限って,その存在に見合ってつくられてくる酵素。大腸菌にβ-ガラクトシド結合をもつ糖である乳糖を与えたとき生じてくるβ-ガラクトシダーゼはその一例。この場合,平常利用している糖であるブドウ糖が共存する間は,β-ガラクトシダーゼは生じてこない。微生物での適応酵素生成は,蛋白質合成についてのリプレッサーインデューサーによる分子生物学的調節機構の研究の口火となったものとして重要であった。調節機構についてのオペロン理論が完成してのちは,こうした酵素は誘導酵素呼ばれるようになった。この理論の言葉でいえば,適応酵素の遺伝情報をもつ構造遺伝子を作動させるためのオペレーター遺伝子は,平常はリプレッサーにより抑制されていて,誘導物質 (上の例では乳糖) が存在すると,抑制が解けて適応酵素を合成させるようになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てきおう‐こうそ〔‐カウソ〕【適応酵素】

誘導酵素

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

適応酵素
てきおうこうそ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone