コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選する/撰する センスル

デジタル大辞泉の解説

せん・する【選する/×撰する】

[動サ変][文]せん・す[サ変]《「せんずる」とも》
多くの中からえらびとる。「最優秀作を―・する」
(撰する)詩歌・文章をえらぶ。えらんで編集する。「歌集を―・する」
(撰する)文章を作る。書物を著す。
「天然居士の墓銘を―・して居る所なんだ」〈漱石吾輩は猫である

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんする【選する】

( 動サ変 ) [文] サ変 せん・す
多くの物の中から、よい物、目的にあった物をえらびとる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

選する/撰するの関連キーワードホアン・ドミンゴ ペロン日本維新の会の擁立状況プレミアム・ブランドフランク チャーチW. マルテンスP.T. ミンクH. アスコナフランス総選挙繰り上り当選シード抽選法E. メンデ決めてかかる枕を並べる山下新太郎参議院議員五姓田義松樋口富麻呂手が上がる斎藤 安雄斎藤 良輔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android