遺伝性球状赤血球症(読み)いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう(英語表記)hereditary spherocytosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺伝性球状赤血球症
いでんせいきゅうじょうせっけっきゅうしょう
hereditary spherocytosis

HSと略す。赤血球が先天的に球形となり,浸透圧が低下するため溶血を起し (自己溶血現象) ,黄疸貧血脾腫などの症状を呈する遺伝性 (先天性) 溶血性貧血。遺伝形式は染色体性優性遺伝。脾臓摘出を行えば症状は軽くなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android