コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避妊ワクチン ひにんワクチンcontraceptive vaccine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

避妊ワクチン
ひにんワクチン
contraceptive vaccine

精子や卵子を攻撃する抗体を誘導することで受精,妊娠を妨げるワクチン。 1990年頃からイギリスやアメリカで卵子表面の蛋白質精子の蛋白質などで効果が数年続いたという動物実験の報告が相次いだ。 92年にはインドで,妊娠を維持するホルモンへの抗体を導くワクチンで女性への臨床実験に入っていることが明らかになった。性交ごとに着ける必要があるコンドームや毎日服用が必要なピルなど従来の避妊法に比べはるかに簡便だが,安全性の確認には長期の試験が必要である。また実用化には倫理的,宗教的な異論も強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android