コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦忠親王 くにただしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦忠親王 くにただしんのう

1732*-1759 江戸時代中期,貞建(さだたけ)親王の王子。
享保(きょうほう)16年12月23日生まれ。伏見宮家15代。桜町天皇の猶子となり,寛保(かんぽう)3年親王。兵部卿となり,一品(いっぽん)にのぼった。宝暦9年6月2日死去。29歳。幼称は阿古宮。法号は円定明院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

邦忠親王の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ボルテールポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ワシントン(George Washington)井上金峨蝶夢

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android