コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郎窯 ろうようLang-yao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郎窯
ろうよう
Lang-yao

中国,清代の康煕年間 (1662~1722) に景徳鎮窯で作られた紅色釉の磁器。ランヨウともいう。一般には明代の宣徳窯で作られた深紅宝石釉の器 (祭紅宝石紅) をさし,桃花紅,牛血紅などと呼ばれた紅色の華麗な磁器が主体であるが,なかには緑色を呈するものもある。郎窯の名称は江西巡撫の郎廷極が監督して焼いたためといわれる。雍正・乾隆時代にも倣製がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

郎窯の関連キーワード瀬戸(市)金城次郎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android