コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵船 ユウセン

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐せん〔イウ‐〕【郵船】

郵便船」の略。
一定の区間を往復する船。定期船。
「神戸に着船したらば…早々―にて帰京せよとある」〈福沢福翁自伝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうせん【郵船】

郵便物を運ぶ船。郵便船。
一定の宿駅と宿駅の間を通う船。定期の運送船。 「渡口の-は風定しずまつて出づ/和漢朗詠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郵船の関連キーワード神奈川県横浜市中区海岸通郵船ロジスティクス久米田 新太郎日本郵船(株)共同運輸会社菊地 庄次郎日清汽船会社浅尾 新甫河野庄太郎寺井 久信須田 利信湯河 元臣森岡 昌純有吉 義弥原田金之祐永富 雄吉西村 実造島村 浅夫伊丹 二郎田中 常徳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郵船の関連情報