郵船(読み)ユウセン

大辞林 第三版の解説

ゆうせん【郵船】

郵便物を運ぶ船。郵便船。
一定の宿駅と宿駅の間を通う船。定期の運送船。 「渡口の-は風定しずまつて出づ/和漢朗詠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐せん イウ‥【郵船】

[1] 〘名〙
① 一定の宿駅と宿駅の間を通う船。一定区間を常に行き来して人や荷物などの運送を行なう船。定期船
※文徳実録‐仁寿三年(853)一〇月己卯「広瀬河、旧有郵船二艘、而今水闊流急不利渉、公私行人、擁滞岸上
② 「ゆうびんせん(郵便船)」の略。〔音訓新聞字引(1876)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郵船の関連情報