郷村高帳(読み)ごうそんたかちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ごうそんたかちょう【郷村高帳】

江戸時代,大名・旗本らの領主がみずからの領内の村名・村高を列記した帳簿。一般に領主の年貢収納の必要と,支配領域の確認のための原簿として作成されたが,また将軍の代替りの際に幕府から新規の領知朱印状の交付を受けるため,その基礎資料として作成されて幕府に提出された。表紙には〈某国某郡郷村帳(郷村高辻帳)〉とあり,所領内の郡別に各村名とその村高,そしてその合計とが記載されている。【笠谷 和比古】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の郷村高帳の言及

【郷帳】より

…郷帳と国絵図は,近世における郡や郷村の変遷を知るうえで好個の史料である。なお郷帳に類似した帳簿として郷村高帳がある。こちらは将軍の代替りごとの朱印改めに際し諸大名らより提出された帳簿で,その領知している所領の村名と村高が国郡別に記載されている。…

※「郷村高帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android