コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿試 デンシ

デジタル大辞泉の解説

でん‐し【殿試】

中国の科挙の制度で、郷試会試に合格した者に天子みずから殿中で行った最後の試験。代に始まり、及第者を進士とよんだ。廷試

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんし【殿試】

中国で、科挙の最高段階の試験。殿中で天子自身が進士及第者に対して行なった。唐の則天武后に始まって、宋の太祖のとき制度化され、明・清代まで行われた。廷試。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の殿試の言及

【科挙】より

…ただし宋以後の進士試験には,詩賦,策論の上に経書の意義を問う経義が加わったので,実質的には前代の秀才,明経の両科をも兼ねたものとなった。唐代には地方の州から推薦された郷貢の進士と,国立学校の生徒とが,中央の礼部で行う貢挙を受けて通過すれば,進士及第という資格を与えられたが,宋ではさらにその上に天子がみずから行う殿試を加え,ここに州試,礼部試,殿試の3段階制が成立した。また科挙を3年に1回挙行する制度も宋代に始まって後世に踏襲された。…

【進士】より

…銓試は身言書判といって,容貌,言語,書跡および判決文の作成力を試すが,ここに六朝時代の貴族制度のなごりが見られ,たとえば韓愈のような背景を持たない俊才は,しばしばこの関門でしめ出された。このような弊害をなくすため,宋の太祖は貢挙の後に,天子みずから宮中で行う殿試を加え,天子の定めた序列によって進士を合格させた。これによって吏部の銓試は,有名無実となり,進士の任官,官位昇進の遅速は,もっぱら殿試成績の序列に左右されることとなった。…

※「殿試」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

殿試の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))ピクロロン酸ライネケ塩ベンジジン則天武后張瑞図徐葆光王文治三舎法太祖陸游趙翼焦竑大魁貢士三元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android