(読み)ごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ごう

「さと」とも読む。令制の下におかれた行政区画。郡の下には古くがあったが霊亀1 (715) 年郷に代った。その後,郷 (さと) の下に里 (こさと) 2~3里がおかれた時期もあった。郷の数は奈良時代の『古律書残編』には 4012郷,平安時代初期の『倭名類聚抄』 20巻本 (高山寺本) には 3715郷とある。 50戸を1郷とし,それに満たない場合は余戸 (あまりべ) と称した。郷には郷長がおかれた。律令の崩壊によって郷は次第に崩れ,荘園制に移ってくると,荘,村,が末端組織として現れた。しかし,郷の名称は,中世の郷村制近世郷士郷倉などとして,後代までも根強く残った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう〔キヤウ〕【郷】

ふるさと。故郷。「に帰る」

きょう【郷】[漢字項目]

[音]キョウ(キャウ)(漢) ゴウ(ガウ)(慣) [訓]さと
学習漢字]6年
〈キョウ〉
村里。いなか。「郷邑(きょうゆう)
ふるさと。「郷関郷国郷土郷里家郷懐郷帰郷同郷望郷
ところ。土地。「異郷故郷水郷仙郷桃源郷理想郷
〈ゴウ〉村里。「郷士近郷在郷本郷
[名のり]あき・あきら・のり
[難読]故郷(ふるさと)

ごう〔ガウ〕【郷】

いなか。さと。
律令制における地方行政区画の最下位の単位「里(り)」を奈良時代に改めた称。初め、国・郡・郷の順であったが、のち、下に村が設けられ、数村を合わせたものをよぶようになった。→郷里制

ごう【郷】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「郷」姓の人物
郷静子(ごうしずこ)
郷誠之助(ごうせいのすけ)
郷義弘(ごうよしひろ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

郷【ごう】

古代においてはの下に位置付けられた行政単位。律令制では全国を・郡・(り)の3段階に編成し,50戸を1里として里長(りちょう)を置いたが,715年郷里(ごうり)制の施行により里が郷に改称された。ただし当時,郷・里はともに〈さと〉と訓じ,その変更は文字上のことにすぎない。739年末から翌年に郷里制は郷制に改められ,以後郷が行政単位の末端として中世に至った。律令時代の全国の郷数は《律書残篇(りっしょざんぺん)》によると4012,《和名抄》でも約4000を数える。郷名の訓は《和名抄》に記されているものもあるが,諸本により異なる場合がある。中世には郷の多くが郡に代わって国衙(こくが)に直接把握される公領単位となり,室町時代以降,郷が公領の単位としての意味を失っても,新しく編成された行政・所領の単位名としてしばしば存続した。一方,荘園においてもその内部の所領単位名として残り,近世の村名に引き継がれたものも少なくない。なお近世においては数ヵ村ないしはそれ以上の村を含んだ広域をさす地名に郷を使用する場合がある。
→関連項目郷戸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

 律令[りつりょう]時代の地方行政組織で、郡[ぐん]をさらに分けたものです。50戸を1郷と言います。もともとは「里[り]」と呼んでいましたが、「郷」と名前がかわり、「郷」の下に「里」が置かれていたときもありました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごう【郷】


[古代]
 古代律令制下の地方行政組織の一つ。令制では全国を国・郡・里の3段階の行政組織に編成し,50戸を1里として里長を置いたが,715年(霊亀1)郷里(ごうり)制の施行により,この里・里長は郷・郷長と改称された。ただし,郷・里ともに〈サト〉と読まれ,その変化は文字の上のことにすぎない。その後739年(天平11)末から翌年初めにかけてのころに郷里制は郷制へと改められ,以後郷を末端とする地方行政組織が固定して中世に及んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょう【郷】

ふるさと。故郷。

ごう【郷】

いなか。里。 「白川-」
律令制で、地方行政における社会組織の単位。 → 郷里制
昔の、数村を合わせた呼び名。

ごう【郷】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう キャウ【郷】

〘名〙
① 中国の周で、戸数が一二五〇〇ある地をいう行政上の区画。〔周礼‐地官・大司徒〕
② (転じて) むら。さと。
※本朝文粋(1060頃)一二・詰眼文〈三善清行〉「年未艾服。不小字書。齢未郷」 〔管子‐権修〕
ふるさと。故郷。ごう。
※文明本節用集(室町中)「慕郷 キャウヲシタウ」 〔南史‐柳慶遠伝〕

ごう ガウ【郷】

〘名〙
① 令制における地方行政区画の最下位の単位「里(さと)」を霊亀元年(七一五)以降に改めた称。五十戸から編成される。→郷里制(ごうりせい)
※続日本紀‐和銅六年(713)五月甲子「畿内七道諸国郡郷名著好字
※平家(13C前)二「同八月十九日、備前備中両国の堺、にはせの郷吉備の中山と云所にて」 〔礼記‐祭義〕
② いなか。里。また、ふるさと。故郷。きょう。〔文明本節用集(室町中)〕
俳諧・夜半楽(1777)春風馬堤曲「郷を辞し弟に負て身三春」 〔孟子‐告子・上〕
③ 境地。心境。
※俳諧・春泥句集(1777)序「常に其友を撰て、其人に交るにあらざれば、其郷に至ることかたし」

ごう ガウ【郷】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【宴会】より

…とくに農耕儀礼と結びついた共同体の祭礼では,尸(よりまし)に憑依(ひようい)して飲食の場に祖先神が降臨し,共同体の首長の長寿をことほぎ,農作物の豊作を保証するのである。ちなみに地域的な共同体をいう〈郷(きよう)〉の字も,元来はと書かれて,食物をはさみ2人の人物が相対して座る形を象(かたちど)ったもので,そうした共同体を成り立たせるため共同の飲食という儀式が大きな働きをしていたことを示唆する。 後漢時代の画像石(画像磚)には,墓の主人公の生涯の中でもとくに華々しい場面や楽しかった場面が描かれているのであるが,そこに盛大な宴会が描かれることも少なくない。…

【漢】より

…すなわち戦国以来栄えてきた全国規模の商人は姿を消し,以後は自給自足を目ざす荘園主たちの生産した商品が荘園主を通して流通する規模の小さなものとなった。しかもこの傾向は,儒教の普及にともなって郷村における自給自足の平和な農村経済が賛美され,重農主義が強調されるようになったことにも対応するものであった。しかし商人の地主化は,土地問題をひきおこし,漢の郷里制社会を崩壊せしめる誘因になったばかりか,ひいては漢帝国を滅亡に追いこむことになったのである。…

【郷里制】より

…漢代では地方を郡県に分けたが,その県の下には古来からの邑の伝統をもつ多くの自然集落が包含された。集落はいずれも城郭で囲まれ,その一つ一つが亭であり,10亭ちかく集まると,その最大のものが郷=都亭となり,他の亭を従えた。そしていくつかの郷が集まると,その最大のものが県=都郷となり,他の郷を従えた。…

【郷司】より

…平安中・後期以降中世にみられる地方官。律令制下の郷(もと里)には郷長(もと里長)がおかれていたが,律令制の弛緩にともなってその地位はしだいに低下し,10世紀にはほとんど消滅した。これにかわって登場してくるのが郷司であるといっても大過はないが,当時と呼ばれたものの実態はさまざまなので,その系譜や規模を考慮し,郷司もさしあたり三つの類型に分けてみる必要がある。…

【郷里制】より

…律令制における地方統治制度。京師以外の地方諸国を国・郡(大宝律令以前は評)・里の行政組織をもって統治し,1里を50戸で構成する制度は,遅くとも浄御原令施行のころにはすでに実施されていたが,715年(霊亀1)の式により,従来の里を郷と改め,その郷の下部単位として新しく1郷に2~3の里を設け,郷には郷長,里には里正を任ずることとした。これを郷里制とよぶ。…

【東国】より

… 実際,中世においても東国と西国の社会には明瞭な差異が認められる。東国も西国と同じ土地制度,荘園公領制の上に立ってはいるが,その単位はを基本とし,《和名類聚抄》に載る古代の郷が消滅したあとに成立した新たな郷がその下部単位をなし,名(みよう)は著しく未発達で,在家(ざいけ)が田畠とともに収取単位となっている。おのずと郡そのものが荘園になる場合が多く,荘の規模はきわめて大きい。…

【外城制度】より

…薩摩藩の行政制度。薩摩藩は藩主居城の鶴丸(鹿児島)城のほかに,領内を113の区画に割って,これを外城(普通には郷という)と呼んでいた。4人に1人は武士という過大人口の武士を扶持するために屯田兵制度をとったのであり,1615年(元和1)の一国一城令があるから,外城といっても城郭があるわけではなく,旧城跡の山麓かまたは城跡と無関係の平地に麓集落をつくっていた。…

※「郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郷の関連情報