コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都の春 みやこのはる

2件 の用語解説(都の春の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都の春
みやこのはる

山田流箏曲の曲名。奥手事曲。1世山勢松韻作曲。 1890年の東京音楽学校の校舎落成式に開曲され,人気を博した。作曲には長瀬勝男一櫛田栄清の協力があったと伝えられる。作詞は佐賀藩主をつとめた鍋島直大

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやこのはる【都の春】

箏曲の曲名。3世山勢松韻(1845‐1908)が,1890年東京音楽学校(現,東京芸術大学音楽学部)の新築開校式のために作曲。山田流奥手事物。作詞は鍋島直大(なおひろ)で,都の春景色にことよせて,明治という新時代を賛美し,同校の前途を祝している。山田流の歌物とは違って,むしろ地歌の手事物形式を使用し,器楽的技法を重視した手法に特色をもたせている。【久保田 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都の春の関連情報